セールスの価格を左右するお買い得感の出し方

人がものを買うときに、

その値段が安いか高いかは

どうやって判断しているのか?

 

またどういうときに安いと感じるのか?

 

このことを理解して使いこなすことができれば

あなたはどんな商品でも

相手に「お買い得だ」と思わせることができます。

 

つまりなんでも売れるようになります。

 

では安いか高いかはどうやって決まっているのかというと、

1点目が他の商品との比較です。

 

つまり、他の似たような商品が10万円くらいだったら

あなたの商品が8万円でも売れるのです。

 

なので他社との比較は必ず入れるようにしましょう。

 

またもう1点価格の高い安いを決める

重要な指標が「お買い得感です」

 

この値段でこんなにもいろんな機能が付いている

便利なサービスがある

他の商品と比べてこんなに違いがある

 

など、相手が

「これはお買い得だ」

と思うようなフレーズを並べることを意識しましょう。

 

そうすればあなたの商品は飛ぶように売れ、

あなたの収入も数倍に膨れ上がります。

 

ぜひこの2点を意識して

やってみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ